出直し看護塾 ミニセミナーシリーズ
Vol_5 心臓ペースメーカー解釈の基礎

●ペースメーカーの入っている人は、日本で10万人以上いるそうです。循環器病棟はもちろん、救急外来やカテーテル室、一般病棟でも遭遇します。多くは何も起きませんが時に命に関わる異常が出現することもあります。ちょっと難しいペースメーカーの解釈ですが、「心電図・仕組み・予測される異常」を分けて勉強すれば必ず自信につながります。ぜひセミナーに参加し、そのコツをつかんでいただければと思います。

*不整脈に関しては詳しくはお話ししませんので、ペースメーカーの必要な心電図波形の判読に不安のある方は、「ベーシックセミナーVol.1_必要最低限のモニター心電図」にご参加いただくことをお勧めいたします。

【 内容 】
●ペースメーカーが必要となる心電図(復習程度)
●心臓ペースメーカーとは?
●ペースメーカーの種類とその特徴(AAI,VVI,VDD,DDD、ICD、CRT)
●ペースメーカー心電図の実際
●ペーシングフェイラー、センシングフェイラー(オーバー、アンダー)
●理解度確認クイズ

セミナーで使用しているスライドです。少しだけですがご覧ください。


→出直し看護塾のセミナー開催を探す


会場でお会いできますことを楽しみにしております!!

この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
バーコード
Copyright © 2008 出直し看護塾 on the web All rights reserved.
Template by SOLID DAYS