出直し看護塾 ベーシックセミナーシリーズ
Vol_6 検査データ解釈の基礎

●医師は検査データで診断をしているわけではなく、臨床で重要なのは問診や身体診察で得られた情報です。しかし、問診や身体診察だけでは「確実にその病気」と言えないこともあるわけで、その場合に「検査」が必要となってきます。つまり、我々看護師が検査の解釈をよりよくよく理解することは患者さんのアセスメント能力を向上させることができます。確かに難しい検査もありますが、日常的によく使う検査をしっかり見直しておきましょう。特に肝機能はAST(GOT)/ALT(GPT)と思ってるあなた! 腎機能はBUNと思っているあなた! 

必ずお役にたてると思います。ぜひご参加ください。

【 内容 】
●肝機能と肝障害の評価
●腎機能と腎障害の評価
●血算と血液凝固の評価
●感染症(主に肺炎、尿路感染による敗血症)の評価
●理解度確認クイズ

セミナーで使用しているスライドです。少しだけですがご覧ください。

     


→出直し看護塾のセミナー開催を探す


会場でお会いできますことを楽しみにしております!!

この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
バーコード
Copyright © 2008 出直し看護塾 on the web All rights reserved.
Template by SOLID DAYS