出直し看護塾の関連情報をまとめたブログです。
出直し看護塾 ベーシックセミナーシリーズ
Vol.7_ X-p,CT読影の基礎
 

●このセミナーでは、主に胸部単純X線写真とCT、腹部単純写真とCT、脳CTの正常画像と異常画像について話をしています。我々看護師は、診断を仕事としているわけではありませんので必ずしも画像は読める必要はないかもしれません。しかし、臨床所見で異常を疑った場合に「写真を撮影する」と言うことは日常臨床であり、「今写真を撮ったほうがいいのではないか?」と言うタイミングがわかると、適切なタイミングで医師へ報告することができるようになります。そのスキルを磨くためには、普段から臨床所見と画像所見、あるいは検査所見を見比べていく必要があります。診断を目的としない看護師のための画像所見の基礎、ぜひお越しください。
 
【 内容 】
●胸部の解剖、胸部単純写真と単純CT読影の基礎
●異常画像(胸腔内臓器)
●腹部の解剖と正常画像、異常画像
●脳の正常と正常CT
●脳血管疾患のCT所見
●理解度確認クイズ
 
  セミナーで使用しているスライドです。少しだけですがご覧ください。
   
 
→出直し看護塾のセミナー開催を探す


会場でお会いできますことを楽しみにしております!!

出直し看護塾 ベーシックセミナーシリーズ
Vol.5_ 薬物療法の基礎
 

●このセミナーでは、看護師が病棟で使用する主な薬についての解説をしています。そもそも内服薬と静脈投与では効果発言にどうして違いがあるかなどの基本的な話から、降圧薬、昇圧薬、血液サラサラの薬の違い(抗血小板薬と抗凝固薬は似て非なる薬です)、そして多くの病棟にいると思われる糖尿病の患者さんを見ていくうえで必要となる薬の話をさせていただきます。ダブルチェックでは必ずしも医療事故は防げないと考えています、少し遠回りのように見えて、実際には近道となる薬の話、ぜひお越しください。
 
【 内容 】
●看護師と薬
●高血圧と降圧薬
●循環作動薬
●利尿薬
●抗凝固薬と抗血小板薬
●糖尿病と糖尿病治療薬
●その他の薬(NSAIDs、喘息、消化管治療薬など)
 
  セミナーで使用しているスライドです。少しだけですがご覧ください。


 
 
→出直し看護塾のセミナー開催を探す


会場でお会いできますことを楽しみにしております!!

出直し看護塾 ベーシックセミナーシリーズ
Vol.4_ 心電図の基礎(虚血性心疾患編)
 

●このセミナーでは、虚血性心疾患を示唆する異常心電図を見抜くコツを紹介しています。虚血の難しいところは、非典型的なものが多く、しかも見逃すと命に関わるところです。学生時代は、ST上昇=心筋梗塞でよかったわけですが、臨床的にはそうではなく、考えなければいけないことがいくつかあります。ただし、ポイントは決まっていますのでそれらを抜けなく確認すれば異常の検出は可能です。さあ、心電図が読める看護師になりましょう!
 
【 内容 】
●標準12誘導心電図の基礎
●虚血を疑った場合の確認のポイント
●心電図と心エコー
●虚血を見抜こう! ケーススタディ9例
 
  セミナーで使用しているスライドです。少しだけですがご覧ください。
   

→出直し看護塾のセミナー開催を探す


会場でお会いできますことを楽しみにしております!!

出直し看護塾 ベーシックセミナーシリーズ
Vol.3_ 輸液療法の基礎
 

●このセミナーでは、臨床でよく使用する輸液、特に細胞外液補充液と低張性電解質輸液について学びます。輸液に関しては、医師の指示を正確に実行すれば基本的にそれで仕事は終わりますが、何のためにその輸液を行っているのかを理解することは医療安全上重要です。また、医師の指示が出たタイミングと実際に輸液を行うタイミングでは状況が変わっている可能性もあり、輸液を変更しなければいけない状況には現場の看護師が理解できている必要がります。学生時代にはそれほど習ってはいなかったと思いますが、臨床では毎日使います。あの輸液の違いとこの輸液の違いは理解できるようになっておきましょう。
 
【 内容 】
●体液の組成
●生理的食塩液と5%ブドウ糖液
●細胞外液補充液(リンゲル液)
●膠質液
●低張性電解質輸液
●脱水と浮腫
●理解度確認テスト

セミナーで使用しているスライドです。少しだけですがご覧ください。
 
 
 
→出直し看護塾のセミナー開催を探す


会場でお会いできますことを楽しみにしております!!

出直し看護塾 ベーシックセミナーシリーズ
Vol.2_ 酸素療法と人工呼吸療法の基礎
 

●このセミナーでは、主に酸素療法と人工呼吸器の管理について学びます。酸素を使わない病棟はありませんし、ICU以外でも人工呼吸器を使用することが無いわけではありません。酸素は指示通りに流しておけばよいと思われるかもしれませんが、実際には呼吸停止や肺障害の原因となり、低流量、高流量の理解はやや複雑です。また、呼吸器は難解に感じるかもしれませんが、医師や臨床工学技士と看護師は求められる知識が異なり、一般的な呼吸器の書籍に書いてあることすべてを理解する必要はありません。看護師に必要な酸素療法の知識は意外に難しく、人工呼吸器はとんでもなく難しいわけではない、そんな知識のギャップを埋められるようなセミナーを企画しております。
 
【 内容 】
●酸素療法の理解に必要な解剖整理
●低酸素状態と高炭酸ガス血症
●酸素投与ディバイス(低流量システム、高流量システム)
●気道確保とバックバルブマスク
●人工呼吸器の目的
●人工呼吸器の換気様式(従量式、従圧式)
●人工呼吸器のモード(CMV、SIMV、CPAP/PSV)
●人工呼吸器使用中の観察ポイント など
 
  セミナーで使用しているスライドです。少しだけですがご覧ください。
 
 
           
 
 
→出直し看護塾のセミナー開催を探す


会場でお会いできますことを楽しみにしております!!

出直し看護塾 アセスメントセミナーシリーズ
Vol.1_呼吸困難編


●私たち看護師が病棟で「呼吸困難」の患者さんに遭遇する確率は決して少なくないと思います。その場合、バイタルをチェックして医師へ「状況」を報告するわけですが、「ありのまま」を報告することは誰でもできます。臨床に看護師に医師が求めているのは「なぜ呼吸困難が出現したのか」診断に耐えうる情報です。さまざまな病態で呼吸困難は出現します。今回のセミナーでは、病態へつに何をどう見ればアセスメントにつながるのか、看護師の視点で「問診、身体診察、アセスメント、そして報告」のコツをお伝えいたします。こうご期待!!

【 内容 】
●臨床推論
●脳梗塞治療中に出現した呼吸困難
●大動脈弁狭窄症に経過中に出現した呼吸困難
●脳梗塞治療中に出現した呼吸困難2
●Ⅱ型呼吸不全経過中に出現した呼吸困難
●大腿骨頸部骨折経過中に出現した呼吸困難
●胸椎圧迫骨折経過中に出現した呼吸困難

 セミナーで使用しているスライドです。少しだけですがご覧ください。



→出直し看護塾のセミナー開催を探す


会場でお会いできますことを楽しみにしております!!

出直し看護塾 ミニセミナーシリーズ
Vol.4_心臓ペースメーカーの基礎


●ペースメーカーの入っている人は、日本で10万人以上いるそうです。循環器病棟はもちろん、救急外来やカテーテル室、一般病棟でも遭遇します。多くは何も起きませんが時に命に関わる異常が出現することもあります。ちょっと難しいペースメーカーの解釈ですが、「心電図・仕組み・予測される異常」を分けて勉強すれば必ず自信につながります。ぜひセミナーに参加し、そのコツをつかんでいただければと思います。

*不整脈に関しては詳しくはお話ししませんので、ペースメーカーの必要な心電図波形の判読に不安のある方は、「Vol.1_心電図の基礎(モニター編)」にご参加いただくことをお勧めいたします。

【 内容 】
●ペースメーカーが必要となる心電図(復習程度)
●心臓ペースメーカーとは?
●ペースメーカーの種類とその特徴(AAI,VVI,VDD,DDD、ICD、CRT)
●ペースメーカー心電図の実際
●ペーシングフェイラー、センシングフェイラー(オーバー、アンダー)
●理解度確認クイズ

セミナーで使用しているスライドです。少しだけですがご覧ください。


→出直し看護塾のセミナー開催を探す


会場でお会いできますことを楽しみにしております!!

出直し看護塾 ベーシックセミナーシリーズ
Vol_6 検査データ解釈の基礎


●医師は検査データで診断をしているわけではなく、臨床で重要なのは問診や身体診察で得られた情報です。しかし、問診や身体診察だけでは「確実にその病気」と言えないこともあるわけで、その場合に「検査」が必要となってきます。つまり、我々看護師が検査の解釈をよりよくよく理解することは患者さんのアセスメント能力を向上させることができます。確かに難しい検査もありますが、日常的によく使う検査をしっかり見直しておきましょう。特に肝機能はAST(GOT)/ALT(GPT)と思ってるあなた! 腎機能はBUNと思っているあなた! 

必ずお役にたてると思います。ぜひご参加ください。

【 内容 】
●肝機能と肝障害の評価
●腎機能と腎障害の評価
●血算と血液凝固の評価
●感染症(主に肺炎、尿路感染による敗血症)の評価
●理解度確認クイズ

セミナーで使用しているスライドです。少しだけですがご覧ください。

     


→出直し看護塾のセミナー開催を探す


会場でお会いできますことを楽しみにしております!!

出直し看護塾 ベーシックセミナーシリーズ
Vol.1_ 心電図の基礎(モニター編)
 

●このセミナーでは、心電図モニターを見るうえで最低限必要になってくる心電図の知識と異常心電図の判別方法、その波形が出た場合の対処法をお話ししています。午前と午後の最後に「理解度確認クイズ」と称して実際に動いている波形を見てそれはなんなのかを考えます。

 心電図は、分厚い教科書をすべて覚える必要はありません。いくつかのコツがわかれば、「経過を見ていていいのか」「医師を呼ぶべきか」「すぐに心肺蘇生を始める必要があるか」の3つに分けることはできるようになります。看護師として、この3つに分けることができればまったく問題ありませんし、セミナーに参加すればそれだけで必ず読めるとは言いませんが、判断のコツはお伝えできますので、経験を積むとともに「安心して」モニターを見ることができるようになると思います。

難しく考える必要はありません。きっとお役にたてると思います。ぜひご参加ください。

【 内容 】
●心電図を読むための基礎知識
●上室性の不整脈
●上室性不整脈の理解度確認クイズ
●房室ブロックと心室性不整脈
●房室ブロックと心室性不整脈の理解度確認クイズ

セミナーで使用しているスライドです。少しだけですがご覧ください。




→出直し看護塾のセミナー開催を探す


会場でお会いできますことを楽しみにしております!!

出直し看護塾 仮想ホスピタル

●実際に体を動かし、頭を働かせ、考え、悩むセミナーです。まず講師から日常臨床でよくある「症状」を提示いたします。たとえば「息が苦しい」。息が苦しい患者さんがおられた場合、「先生、○○さんが息が苦しいと言っています。」という報告は、はっきり言うと「小学生」でもできます。

 医師が知りたい情報は、「なぜ、息が苦しいのか」診断にたえうる 情報が欲しいわけです。よって、我々看護師には、問診と身体所見のスキルが求められます。また、実際にその患者さんをアセスメントするには、検査や画像データの解釈も必要となってきます。そして、動けなければ意味がありません。

9:00~17:00(10:00~18:00でも可)
*途中休憩1時間含む(昼食は料金には含まれません)

料金
1回 税込50,000円(1~5名様まで同一料金)

内容は、事前にお打ち合わせをさせていただきますが、出直し看護塾のセミナーで話をしていることであれば、対応可能です。基本的には、症状の把握とその解釈、アセスメントと報告のコツとなります。AEDや胸骨圧迫、気道確保(挿管もできます^^)、心電図モニターの解釈、心音、呼吸音聴取、人工呼吸器の操作などの実習が可能です。
(採血などの穿刺はできません)

お申込み inurse@hitorigown.com


*写真は参加者の了解を頂いて撮影、掲載しております。

講師は、青柳が担当します。今まで僕が経験してきたこと、学んできたことを可能な限りお伝えいたします。ぜひご参加ください。

カウンター
バーコード
Copyright © 2008 出直し看護塾 on the web All rights reserved.
Template by SOLID DAYS