出直し看護塾の関連情報をまとめたブログです。
出直し看護塾 ベーシックセミナーシリーズ
Vol.2_ 酸素療法と人工呼吸療法の基礎
 

●このセミナーでは、・・・現在作成中

【 内容 】
●現在作成中。

 セミナーで使用しているスライドです。少しだけですがご覧ください。

*現在作成中。
         


→出直し看護塾のセミナー開催を探す


会場でお会いできますことを楽しみにしております!!

出直し看護塾 アセスメントセミナーシリーズ
Vol.1_呼吸困難編


●私たち看護師が病棟で「呼吸困難」の患者さんに遭遇する確率は決して少なくないと思います。その場合、バイタルをチェックして医師へ「状況」を報告するわけですが、「ありのまま」を報告することは誰でもできます。臨床に看護師に医師が求めているのは「なぜ呼吸困難が出現したのか」診断に耐えうる情報です。さまざまな病態で呼吸困難は出現します。今回のセミナーでは、病態へつに何をどう見ればアセスメントにつながるのか、看護師の視点で「問診、身体診察、アセスメント、そして報告」のコツをお伝えいたします。こうご期待!!

【 内容 】
●臨床推論
●脳梗塞治療中に出現した呼吸困難
●大動脈弁狭窄症に経過中に出現した呼吸困難
●脳梗塞治療中に出現した呼吸困難2
●Ⅱ型呼吸不全経過中に出現した呼吸困難
●大腿骨頸部骨折経過中に出現した呼吸困難
●胸椎圧迫骨折経過中に出現した呼吸困難

 セミナーで使用しているスライドです。少しだけですがご覧ください。



→出直し看護塾のセミナー開催を探す


会場でお会いできますことを楽しみにしております!!

出直し看護塾 ミニセミナーシリーズ
Vol.4_心臓ペースメーカーの基礎


●ペースメーカーの入っている人は、日本で10万人以上いるそうです。循環器病棟はもちろん、救急外来やカテーテル室、一般病棟でも遭遇します。多くは何も起きませんが時に命に関わる異常が出現することもあります。ちょっと難しいペースメーカーの解釈ですが、「心電図・仕組み・予測される異常」を分けて勉強すれば必ず自信につながります。ぜひセミナーに参加し、そのコツをつかんでいただければと思います。

*不整脈に関しては詳しくはお話ししませんので、ペースメーカーの必要な心電図波形の判読に不安のある方は、「Vol.1_心電図の基礎(モニター編)」にご参加いただくことをお勧めいたします。

【 内容 】
●ペースメーカーが必要となる心電図(復習程度)
●心臓ペースメーカーとは?
●ペースメーカーの種類とその特徴(AAI,VVI,VDD,DDD、ICD、CRT)
●ペースメーカー心電図の実際
●ペーシングフェイラー、センシングフェイラー(オーバー、アンダー)
●理解度確認クイズ

セミナーで使用しているスライドです。少しだけですがご覧ください。


→出直し看護塾のセミナー開催を探す


会場でお会いできますことを楽しみにしております!!

出直し看護塾 ベーシックセミナーシリーズ
Vol_6 検査データ解釈の基礎


●医師は検査データで診断をしているわけではなく、臨床で重要なのは問診や身体診察で得られた情報です。しかし、問診や身体診察だけでは「確実にその病気」と言えないこともあるわけで、その場合に「検査」が必要となってきます。つまり、我々看護師が検査の解釈をよりよくよく理解することは患者さんのアセスメント能力を向上させることができます。確かに難しい検査もありますが、日常的によく使う検査をしっかり見直しておきましょう。特に肝機能はAST(GOT)/ALT(GPT)と思ってるあなた! 腎機能はBUNと思っているあなた! 

必ずお役にたてると思います。ぜひご参加ください。

【 内容 】
●肝機能と肝障害の評価
●腎機能と腎障害の評価
●血算と血液凝固の評価
●感染症(主に肺炎、尿路感染による敗血症)の評価
●理解度確認クイズ

セミナーで使用しているスライドです。少しだけですがご覧ください。

     


→出直し看護塾のセミナー開催を探す


会場でお会いできますことを楽しみにしております!!

出直し看護塾 ベーシックセミナーシリーズ
Vol.1_ 心電図の基礎(モニター編)
 

●このセミナーでは、心電図モニターを見るうえで最低限必要になってくる心電図の知識と異常心電図の判別方法、その波形が出た場合の対処法をお話ししています。午前と午後の最後に「理解度確認クイズ」と称して実際に動いている波形を見てそれはなんなのかを考えます。

 心電図は、分厚い教科書をすべて覚える必要はありません。いくつかのコツがわかれば、「経過を見ていていいのか」「医師を呼ぶべきか」「すぐに心肺蘇生を始める必要があるか」の3つに分けることはできるようになります。看護師として、この3つに分けることができればまったく問題ありませんし、セミナーに参加すればそれだけで必ず読めるとは言いませんが、判断のコツはお伝えできますので、経験を積むとともに「安心して」モニターを見ることができるようになると思います。

難しく考える必要はありません。きっとお役にたてると思います。ぜひご参加ください。

【 内容 】
●心電図を読むための基礎知識
●上室性の不整脈
●上室性不整脈の理解度確認クイズ
●房室ブロックと心室性不整脈
●房室ブロックと心室性不整脈の理解度確認クイズ

セミナーで使用しているスライドです。少しだけですがご覧ください。




→出直し看護塾のセミナー開催を探す


会場でお会いできますことを楽しみにしております!!

出直し看護塾 仮想ホスピタル

●実際に体を動かし、頭を働かせ、考え、悩むセミナーです。まず講師から日常臨床でよくある「症状」を提示いたします。たとえば「息が苦しい」。息が苦しい患者さんがおられた場合、「先生、○○さんが息が苦しいと言っています。」という報告は、はっきり言うと「小学生」でもできます。

 医師が知りたい情報は、「なぜ、息が苦しいのか」診断にたえうる 情報が欲しいわけです。よって、我々看護師には、問診と身体所見のスキルが求められます。また、実際にその患者さんをアセスメントするには、検査や画像データの解釈も必要となってきます。そして、動けなければ意味がありません。

9:00~17:00(10:00~18:00でも可)
*途中休憩1時間含む(昼食は料金には含まれません)

料金
1回 税込50,000円(1~5名様まで同一料金)

内容は、事前にお打ち合わせをさせていただきますが、出直し看護塾のセミナーで話をしていることであれば、対応可能です。基本的には、症状の把握とその解釈、アセスメントと報告のコツとなります。AEDや胸骨圧迫、気道確保(挿管もできます^^)、心電図モニターの解釈、心音、呼吸音聴取、人工呼吸器の操作などの実習が可能です。
(採血などの穿刺はできません)

お申込み inurse@hitorigown.com


*写真は参加者の了解を頂いて撮影、掲載しております。

講師は、青柳が担当します。今まで僕が経験してきたこと、学んできたことを可能な限りお伝えいたします。ぜひご参加ください。

このページは、一部今後の予定が入っており、2017年度のセミナー内容と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
 

★出直し看護塾 開催スケジュールはコチラ★

 ●出直し看護塾 ベーシックセミナーシリーズ

    
 Vol.1_心電図の基礎(モニター編)
 Vol.2_酸素療法と人工呼吸療法の基礎
 Vol.3_輸液療法の基礎
 Vol.4_心電図の基礎(虚血性心疾患編)
 Vol.5_薬物療法の基礎
 Vol.6_検査データ解釈の基礎
 Vol.7_X線・CT読影の基礎
 Vol.8_急変予兆を見抜くフィジカルアセスメント
   
   
●出直し看護塾ケーススタディ学ぶアセスメントシリーズ
 
 Vol.1_呼吸困難編
 Vol.2_胸痛・背部痛編 
 Vol.3_中枢神経症状編
 
●出直し看護塾(夕方3時間コース)ミニセミナーシリーズ
 
 Vol.1_ショックの種類とその対応
 Vol.2_血液ガス解釈の基礎
 Vol.3 _感染症診療(敗血症)の基礎
 Vol.4_心臓ペースメーカーの基礎
 
    
【 講師 】
 青柳 智和(あおやぎ ともかず)
 
 ●看護師
 水戸済生会総合病院 循環器病棟、手術室、ICU等
 ●診療看護師 / 特定看護師
 近森会近森病院 Rapid Response System担当、看護師特定行為研修研修責任者、ICU等
 
 日立メディカルセンター看護学院 卒
 放送大学 教養学部 卒
 東京医療保健大学大学院  看護学研究科 高度実践看護コース 修了(看護学修士)
 高知大学大学院 総合人間自然科学研究科 医学専攻 博士課程 在籍中
 
 

出直し看護塾 Premium 
Vol.003   ショックの種類とその対応
  
  テキスト&動画でガッツリ理解!
 出直し看護塾のテキストYouTube!

チャプター01;はじめに、プレテスト          5:25(無料公開)
チャプター02;ショックとは?              6:55(無料公開)
チャプター03;循環動態を支える4因子 -前負荷- 5:53
チャプター04;   〃         -後負荷-     2:42
チャプター05;   〃         -心筋収縮力-  1:17
チャプター06;   〃         -心拍数-     3:04
チャプター07;       〃                   -まとめ-      7:45
チャプター08;循環作動薬               11:55
チャプター09;循環血液量減少性ショック       8:30
チャプター10;心原性ショック              7:06
チャプター11;血液分布異常性ショック        7:32
チャプター12;閉塞性ショック              8:14
チャプター13;ポストテスト、まとめ          18:07


 全 1時間32分
 
 

   
   *視聴するには、YouTube®へお支払いが必要となります。
 (月額500円、年額2400円)
 
 専用のテキストは、こちらからダウンロードできます(無料)!
http://www.hitorigown.com/pdf/shock_1_s.pdf(カラー PDF 34ページ)
 
 

  【監修】
 医師(麻酔科)   細谷 真人

 【出演、解説、スライド作成】
 看護師・診療看護師・特定看護師・看護学修士・FCCSプロバイダー・3学会合同呼吸療法認定士
 青柳 智和

【動画編集】株式会社ひとりガウン 青柳 智和
【資料編集】ハナワ製作所  塙 隆史
【制作・販売】株式会社ひとりガウン

●携帯できるエコーが数種類あるようなのでまとめてみました。

1)Vscan Dual Probe
 (GEヘルスケアジャパン)
vscan












*特徴*
リニア型プローブとセクタ型プローブがあります。リニアは静脈ラインの確保など表在組織に、セクタは心臓ほか腹部などに強み。


2)SONIMAGE P3
 (コニカミノルタ)


*特徴*
Mモードでの測定も可!


3)Acuson FreeStyle
 (シーメンス)
ACUSON Freestyle Ultrasound System

*特徴*
ケーブルレス 3m!


4)MobiUS
 (東芝メディカルシステムズ
201110141430-1.jpg














*特徴*
スマホ対応!スマホで操作できるということは、情報の送信に強みが出そうですね。2015年10月発売予定!

出直し看護塾 Premium Vol.002
脳神経外科領域読影の基礎
  
チャプター01;はじめに、プレテスト                3:43
チャプター02;読影に必要な脳血管の解剖        12:00
チャプター03;正常CTとMRIの特徴                11:47
チャプター04;脳梗塞                            20:18
チャプター05;脳出血(視床、被殻、脳幹、小脳)     3:36
チャプター06;クモ膜下出血                                       4:52
チャプター07;硬膜下血腫                                          5:17
チャプター08;硬膜外血腫                                          2:12
チャプター09;外傷                                                      4:37
チャプター10;水頭症                                                  1:31
チャプター11;ポストテスト、おわりに                       14:58
 
全1時間25分

*視聴するには、YouTube®へお支払いが必要となります。
 (月額500円、年額2400円)
 

専用のテキストは、こちらからダウンロードできます(無料)!
 

http://www.hitorigown.com/pdf/nouge_1_s.pdf (カラー PDF 27ページ)
http://www.hitorigown.com/pdf/nouge_2_s.pdf
 (モノクロPDF 27ページ)

印刷してご覧ください。


【 サンプル動画 】




【監修】
 
 
脳神経外科医、医学博士
丸島 愛樹

【出演、解説、スライド作成】
看護師、東京医療保健大学大学院 看護学研究科 修士課程
青柳 智和

【動画編集】BICM2Y 佐尾 貴也

【資料編集】ハナワ製作所  塙 隆史
カウンター
バーコード
Copyright © 2008 出直し看護塾 on the web All rights reserved.
Template by SOLID DAYS