カプノグラフィを見ることで気管チューブが気道内に入っているという証拠となります。また、自己心拍の再開により二酸化炭素が産生されますので蘇生の評価にも有効ですね。

→ETCO2をもっと学習する
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
バーコード
Copyright © 2008 出直し看護塾 on the web All rights reserved.
Template by SOLID DAYS