出直し看護塾の関連情報をまとめたブログです。

 洞察力で見抜く急変予兆
~磨け!アセスメントスキル~

 
監修 細谷真人 
著者 青柳 智和
株式会社ラプタープロジェクト
4,000円(税別)

 

http://tinyurl.com/yamc8be2

【内容紹介】

患者さんの状態が変化したことに気づき、具体的に「どういうときに」「何を見て」「どう解釈するか」、2006年から全国で開催されてきた出直し看護塾の内容を「急変予兆の早期発見」に焦点を当て、ポケットに入るサイズで368ページにまとめました。

【出版社からのコメント】

臨床で多くの症例に遭遇すると思います。勉強しようと思ってもついつい買って満足してしまうのが人のさが。そこで、現場に持ち運ぶことができ、調べながら仕事をすることが最も学習効率が良いのではないかと考えております。著者は豊富な臨床経験と圧倒的な人気を誇る出直し看護塾の講師、かつ看護師特定行為研修の指導責任者の経験を持ちます。国の進める看護師特定行為研修修了者10万人という目標は、特別な医行為のできる看護師を増やすことではなく、「アセスメントのできる看護師」を増やすことを目標にしています。学生時代に習った知識と臨床で求められる知識は残念ながら相当な解離があります。しかしながら、この本を利用して経験を積んでいけば効率よく臨床に必要な知識を積み重ねることができます。あなたのポケットにぜひ、小っちゃい青柳さんを! 
さらに! 
本書を最大限に活用するために書籍購入者にはセミナー1回あたり1,000円の割引特典が付いています。「洞察力で見抜く急変予兆~磨け! アセスメントスキル」×「出直し看護塾」でばっちり! ! 詳しくは書籍をご覧ください! !

【著者について】

看護師・診療看護師・特定看護師・看護学修士
高知大学総合人間自然科学研究科医学専攻(博士課程)
看護師特定行為研修指導者
出直し看護塾 主宰
さまざまな臨床経験を通じ異常の早期発見が重要と考え、Rapid Response Team等の活動/研究等

【目次】
はじめに
1.医療面接
 1)質問法とその解釈
 2)症状と類推すべき疾患(鑑別疾患、除外疾患)
2.身体診察
 1)バイタルサイン
 2)フィジカルアセスメント
3.主な検査
 1)心電図
 2)心エコー
 3)胸部単純X線写真
 4)胸部CT
 5)脳CT/MRI/脳CT
 6)腹部CT
 7)血液検査
 8)その他の検査
 9)血液ガス
4.必ず除外すべき疾患とその特徴
 1)ショック
 2)中枢神経系疾患
 3)呼吸器系疾患
 4)循環器系疾患
 5)消化器系疾患
 6)腎泌尿器系疾患
 7)感染症
 8)その他の疾患
5.アセスメントと報告のコツ
 1)仮説を立てる
 2)分析する(SOAP)
 3)報告する(SBAR)
 4)報告基準
6.急変時に使用する薬剤
 1)輸液
 2)循環作動薬
7.主な解剖図
 1)中枢神経系
 2)呼吸器系
 3)循環器系
 4)消化器系
 5)腎泌尿器系
 6)骨格筋系
 7)脊髄神経・末梢神経系
 8)感覚器系
 9)内分泌系
8.急変予兆を見抜くための洞察力チェックリスト
 1)予測指示使用時チェックリスト
おわりに
〈巻末資料〉検査データ一覧

  ↓クリックすると拡大します。

 
 
                                                   
  
  

   

この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
バーコード
Copyright © 2008 出直し看護塾 on the web All rights reserved.
Template by SOLID DAYS